子どもの心が赴くままに

今回のお話は国際自然大学校の機関誌『OUTFITTER』雑記帳2018年8月号に掲載した雑記帳の再掲載です。

ただし、2019年3月20日に加筆修正しました。( )内は加筆です。

 

先日、ちょっとした用事で、江ノ島の海岸に行ってきました。

何年ぶり? いいや、十何年ぶりかもしれません。

夏の江の島海岸…特に今年(2018年)の夏は、いや〜暑かったです。

海岸でお仕事をされている方のお話だと、今年は暑すぎて人出が少ないということです。なるほど、そうなんだ。とはいっても、私の目から見れば、結構な人出でした。

そして、その中でもやっぱり子どもは元気だな〜と感じました。

走り回り、砂まみれになり、寄せては返す波を飛び越え、戯れ、お父さんお母さんがうっとうしくなるくらいジャレついています。

そんな子どもたちを、おもわずほほえましく見てしまうのでした。

何も考えることなく、ただただ、心の赴くままに遊びまわる子ども。

きっと、ああやって駆け回っているだけで幸せなんだろうな。

 

と、思いつつ川崎のマンションに帰ってきて、我が家の9階のベランダから下の公園を見ると、人っ子ひとりいません。

そりゃそうですね。こう暑いと、子どもを外で遊ばせるのも躊躇します。

しかし、部屋の中ばかりにいて、室内でばかり遊んでいて、子どもは健全に育つのでしょうか?

そう思うと、そこそこ暑いけれど、水辺だとか、高原だとかで、遊ぶことが大切になるのかなと思います。

夏休みは、子ども達がこぞって、猛暑疎開などと言われ、海浜や高原に預けられる時代が来るのかもしれません。

そんな時、受け入れるのはいったいどんなところなのでしょう。

そしてそこでは、どんなことをして過ごすのでしょうか?

私たちは、そんな将来を真剣に考えておかないといけないのかもしれません。

今のキャンプが今のままでいいのか社会の仕組みはずいぶん変わってきて、気候も変わってきている中で、ずっと続いているから正しいとは言えなくなってくるのかもしれません。

 

 

コメント