生ごみの行方

今回のお話は国際自然大学校の機関誌『OUTFITTER』雑記帳2018年11月号に掲載した雑記帳の再掲載です。

ただし、2019年4月16日に加筆修正しました。

 

 

八ヶ岳で暮らしていると、川崎で暮らすよりも、ゴミの量はずっと少ないです。

でも、生ゴミはたくさん出ます。

畑から採ってきた野菜の切れ端や皮です。

その生ごみはコンポストに捨てます。

このコンポスト、結構、長持ちします。もうかれこれ1年近く同じ場所で、生ゴミを捨てていますが、まだまだ捨てることができます。

 

一方川崎でも、バケツ型コンポストを使っています。

先日、そのバケツがいっぱいになったので、八ヶ岳に運び込んでコンポストに移したのですが、なぜか、ものすごく臭いのです。

コンポストに捨てていた生ゴミはそんな臭くはなかったのですが、バケツコンポストはすごい匂いでした。

コンポストは、地面に穴を掘りますのでどんどん土になっていくからでしょうか?

都会で、生ゴミを堆肥化するのは難しいことだなと、思いました。

 

以前こんな新聞記事がありました。

 

私たちは、臭くなるごみをビニール袋に入れ、ごみ集積場に出します。

そこから先は、私たちは、どうなるか知りません。

生ごみはできるだけ水を切った方が軽くなります。水を切って重さを軽減することで、収集する人はどれだけ楽でしょうか。

そして、乾燥していた方が、焼却するときのエネルギーも軽減することができるのです。

しかし、そのごみの軽減化を実践している人がどれだけいるでしょうか?

ごみを集める人は大変な苦労をして、ごみを集めてくれています。

しかし、ごみのその先のことは、収集をする人もあまり詳しくは知らないでしょう。

焼却され、その灰は最終処分場に運ばれ埋め立てられるのでしょう。

生ごみを、コンポストに入れておくと、そこに虫が発生して、生ごみを土に返していく過程を知ることができます。

都会では、においが発生したりすると、難しいことが多いかもしれません。

しかし、できるだけ、自分自身の暮らしがちゃんと見える生活をした方がいいのではないでしょうか?

 

コメント