夏休みは、夏体験月間(サマーキャンプシーズン)

夏休みですね。

皆さんのお宅ではいかがですか?

ご飯を作らないといけなくて大変ですか?

どこかに連れて行かないといけないから大変ですか?

家事のお手伝いをしてくれるから、助かりますか?

 

そもそも、何故夏休みがあるのでしょうか?

学校教育法に定められてはいるのですが、どうも、なぜそうなったかは定かではないようです。明治14年頃から夏休みはあったようで…

 

では私たちで、もう一度夏休みを、どのように過ごすといいのかを考えてみたいと思います。

 

もともとその昔は、農繁期休みとかいうのもあって、地域で忙しい田植えの時期などは、学校もお休みになって、子ども達もお手伝いするというものだったようです。

でも今はそんな必要もないようですね。

 

全然違う話題なのですが…最近安倍首相などが教育を…教育を…と言うのですが、それは、学校教育を指しているようです。

しかし、これは世の中の考えを誤らせると思うのです。学校教育以外にも、地域での教育、社会教育といったものもあると思うのです。

ですから、学校教育の時は、教育と省略せずに、学校教育と言ってほしいと思います。

 

さてそこで、夏休みなどの長期休暇の時は、地域教育とか社会教育の時間と考えてはいかがでしょうか?

学校の時にはできない教育をする期間とするのです。

 

どんな教育があるのでしょうか?

 

地域では、お祭りとかそのお囃子に参加するのも、大切な地域教育でしょう。

もちろん農作業の手伝いなども大切な教育になるでしょう。

 

スポーツに打ち込むのもよいでしょう。ただ、このスポーツで怖いのは、勝つためのスポーツになってしまわないでほしいと思います。スポーツを通して、友情や礼儀などを身に着けてほしいですね。

 

自然の中に出かけて行って、生き物の生き死にや、命の大切さなどを学ぶのもよいでしょう。

この命の大切さなどは、お寺や神社などに頑張ってもらうのもいいのではないかと思います。

 

このように長い休みも、家庭にとどまるのではなく、地域社会などに出ていって、学校では学ぶことができない、社会のルールや生きていく上で大切な価値観を身に着ける期間と思ってはいかがでしょうか。

 

ですから、夏休みではなくて、サマーキャンプシーズンとかにしてはいかがでしょう?

日本語なら、夏体験月間…学校を中心に考えるので夏休みになるので、学校外の体験する月間として「夏体験月間」です。

 

いかがでしょう?

 

お金がかかりますか?

お金のかからない方法を私たちも考えていかなくてはいけませんね。

コメント