私たちは何を食べるのでしょう

中国の人たちが爆買いと称して、日本の製品を湯水のごとく買いまくっているようです。
ありがたいことなのでしょうか?
ありがたいのでしょうね。これで日本の景気がよくなるのなら。
でも、少しだけクールな見方をすると、この爆買いはいつまでも続くとはとても思えないのです。日本の、あのバブル時代のようなものでしょう。
何となくですが、企業もそんなに舞い上がってはいないように感じます。
この景気に乗じて、新しい工場をたてるとか、事業を拡張すると言う話は聞きません。

しかし、少し不安な話題もないわけではありません。
日本の農産物も中国に売り込んでいます。それも高級食材を、です。
日本の食料自給率は40%を切っています。なのに、どうして中国に積極的に輸出をするのでしょう。それは、高級食材が中国で売れるからですね。
中国で高級食材が売れるとなったら、みんなこぞって中国向けの高級食材を作り出すのでしょうか。国内向けのごく普通のキュウリやトマトをやめて、単位面積あたり、より収益性の高い食材に切り替えていき、中国に輸出していくのでしょうか。そうすると、日本の食料自給率はまた一段と下がってしまいます。
そしていつか中国やその周辺国が、日本と同じような農産物を供給できるようになったとき、日本の農産物は輸入されなくなるでしょう。そのとき、今と同じように、中国や周辺国が、安い価格で、小麦や大豆を日本に輸出してくれるでしょうか。ダメなら今度は、アフリカあたりにその輸入先を求めていくのでしょうか。その先はどうなりますか?
そんな先のことは心配しなくてもなんとか考えるでしょうから大丈夫。本当に大丈夫なのでしょうか?
いいえ、みんな実は知っています。大丈夫ではないことを。しかし「今は大丈夫だから、将来の愁いは先送りにしておこう。」と、思っているのです。そして、その愁いが現実になるときに、皆さんのお子さんが、その現実に直面するのです。

先日の終戦記念日に放送されたテレビ番組で、多くの戦争体験者の方が言っていました。あの苦しさは、あの辛さは、子どもたちにあじあわせたくないと。

コメント