何か食べたいものありますか?

今夜のご飯は何にしますか?

お昼は何を食べましょうか?

 

何にしようかな〜?

 

日本は、いろいろな国の食材を輸入して、色々な国の食事を食べることができます。

海外に行っても、これほどバラエティーに富んだ食事を毎日選ぶことができる国はないと言ってもいいのではないでしょうか?

 

なのに、なにを食べようかな〜 と、迷う毎日ではありませんか?

 

しかし私は、山梨県のちょっと田舎に住まっていますが、こちらでは、それほど色々な食事ができるわけではありません。

逆に新鮮なものは食べることはできます。

夏は毎日、ナスにピーマン、キュウリ、トマトを、どう料理しようかと頭を悩ませます。

何を食べようかではなくて、ナスをどう食べようか、キュウリをどう食べようか。となります。

お肉などと一緒に炒めたり、煮たり、揚げたりするわけです。

 

飽きるでしょうって?

いいえこれが結構、飽きないのですね。

畑仕事をして汗をかいた後は、何を食べてもおいしいということなのかもしれませんが、いつもおいしくいただいています。

 

先ほど、日本は色々な国の食材を輸入して、色々な国の食事を食べることができると申し上げましたが、これはちょっと間違いかもしれません。

日本はではなくて、東京は、大阪は、かもしれません。

特に「東京は」でしょうね。

毎日テレビのニュースの中で、これでもかというほどのレストランの紹介がありますし、そのメニューが、もう新しいものを考えつくしているのでしょうね。これとこれを組み合わせる?というようなメニューです。

 

以前から私は、「日本は発明が必要を追い越した」と申し上げていますが、食事も同様ですね。

食事のメニューが食べたい気持ちを追い越してしまったようです。

ですから、何を食べたらいいかわからない。

 

そんな時は、一生懸命に家の掃除をしてみてください。掃除機をかける掃除よりも、床や窓を雑巾がけするのがいいでしょう。そうやって、汗をたっぷりかいた後に、塩おにぎりや、梅干しご飯を召し上がってみてください。何よりもおいしいと思いますよ。

 

珍しいものを食べるよりも、何を食べてもおいしい生活をするのがいいように思います。

そうすると、日本の飽食も少し解消できるのではないでしょうか。

 

コメント