一日一善

『一日一善』

辞書を引いてみました。

『一日に、ひとつでよいから善い行ないをすること。』だそうです。

善い行ないというと、どんなことを想像されますか?

 

道に落ちているごみを拾いますか?

なかなか勇気がいりますよね。周りの人の視線が気になったります。

それに、最近では拾ったごみをどこに捨てるのか悩んでしまいます。なかなか、公共のごみ箱がないですからね。

 

電車やバスで、お年寄りや体の不自由な人に席を譲りますか?

これも勇気がいりますよね。

私の場合は、譲られる方になってきてしまいました。こういうことが歳をとるということなんだなとつくづく感じる瞬間であります。

でも、せっかく勇気を出して、席を立ってくれたんだから、拒まず、お礼を言って、快くその気持ちを受け入れることにしています。

 

お年寄りが重そうな荷物を持っているときに、お手伝いしますか?

疑われそうですよね。悪い人が、荷物の持ち逃げするのではないかと。

そう思われるのではないかと思うと躊躇しませんか?

 

ベビーカーを、階段で運んでいるお母さんのお手伝いをしますか?

これは、わりと気軽にお手伝いできるような気がしますね。

でも、最近はエレベーターが普及して、なかなかそういうベビーカーには出くわさなくってきています。

 

朝、学校に行く子どもに、笑顔で「おはよう!」と声をかけてあげますか?

最近は子どもは、すれ違う知らない人とは言葉を交わさないようですね。

ですから、けげんな顔をされてしまうばかりです。

 

でも…私の住んでいる田舎での話をさせてください。

先日の台風の時、カマキリが玄関扉の前に置いた土嚢の上で雨宿りしていました。

ドアを開けるのを、少し小さめにして、カマキリが居続けられるようにしてあげました。

 

以前にも書いたかもしれませんが、

何故か、アスファルトの上に這い出してきてしまったミミズを土のある所に移動してあげました。

 

田舎では、一日一善も日常の中でしやすいと思います。

それも、命…小さな命ではありますが、救うという一善です。

しかし逆に、殺生をすることもたくさんあります。

草むしりをしていて、鎌でカエルを偶然殺してしまうことも度々です。

しかし、そんな殺生をするからこそ、命の大切さを感じ、一善を行なおうと思うのかもしれません。

 

 

コメント