『人の言葉』

木々の声のことを書きました。

今回は、人々の声のことを書きたいと思います。

声というより、言葉といった方がいいかもしれません。

 

ある時、テレビのニュースで、

『フライパンに火をかけました』という、画面の解説がありました。

本当は『フライパンを火にかけました』でしょうね。

 

また、ある時に、

『サーフィンは自然の中のスポーツなので天候に左右されます。』

『同じ波は一度も来ない。』

これは『同じ波は2度とこない』の間違いではないでしょうか。

 

現場でのレポートならばいざ知らず、VTRに後付した解説がこのような間違いをするというのは、いかがなものでしょうか。

 

また、もうひとつ気になることがあります。

バラエティー番組で…ですが、話をしている人の話にかぶせるように、

他の人が話をするところをよく見受けます。

そうなると、何を話しているのかわからなくなってしまいます。

しかし、そんなときは、画面の下にテロップが入り、

何を話しているのか文字で知らせてくれています。

ところが、そんな話し方というか、会話が、ラジオ番組でもされるようになってきています。

 

他の人の話をよく聞かずに、自分の話したいことをどんどん話していってしまうのですね。

 

そんなとき、ふと思い出した言葉が『人のあら探しするな』。

あ〜しまった。

そんな人のあらを探す前に、自分のことを反省しないといけませんね。

こんな風に文章を書いて暮らしている自分が、いかに誤字脱字が多いか、もっと恥じなくてはいけません。

また、本当にちゃんと人の話を最後まで聞いているかどうか。

反省しないといけないシーンを、いくつも思い出します。

 

ちゃんとした受け答えをするには、まず最後まで人の話をちゃんと聞いて、言葉を選んで、正しく表現しないといけませんね。

 

子どもたちに対しても同じだと思います。

よく、子どもの話をさえぎって『それはね…』と、

先に答えを出していることがあるように思います。

「ねえ、ねえ、このお魚は…」「これは鮭よ」という感じでしょうか。

確かに、子どもはこの魚の名前は何というのかなと思って質問をしているのかもしれません。

しかしもしかすると、「このお魚は、なんていうお魚? どんな形しているの?」と

聞きたかったのかもしれません。

しかし、「鮭よ」と言われてしまえば、「ふ〜ん」で終わってしまうのです。

 

キャンプを終えて、解散をして、お子さんがご家族のもとに帰ったとき、

「どう、楽しかった?」「具合悪くならなかった?」「喧嘩とかしなかった?」と、

機関銃のように質問を繰り出し、子どもたちは、うん、うんと答えることしかできない風景を見ることがあります。

 

子どもが話し出すのを待って、話し始めたなら、

ぜひ最後まで話しを聞いてあげてください。

そして、きれいな言葉で、よく選んだ言葉で、感想を言ってあげようではありませんか。


 

コメント