暖冬は何をもたらすのでしょう

今年の冬は暖かい…ようですね。

スキー場は大変な騒ぎになっています。

国際自然大学校の冬のキャンプも、大変なようです。

 

しかし本当に大変なのは…春からの農業の方が心配なのかもしれません。

雪解けの水が不足するのです。

もっと心配なのは、昨年の秋の台風の被害も、きっと影響を及ぼすというダブルパンチになるのではないかと考えています。

 

千葉での、枇杷農家の被害の話を聞きました。

枇杷の木はとりあえず何とかなるかもしれないけれど、潮風を防ぐ防風林が根こそぎ倒れてしまいました。

木にも塩水がかかっているでしょう。

そんな枇杷の木にちゃんと花が咲くかどうか。花が咲いても防風林のないまま、ちゃんと実が付くかどうか、想像もつかないそうです。

 

春になり、水がなくて稲や野菜に被害が出て、台風の影響でやはり野菜や果物にも被害が出るかもしれません。

まるで時限爆弾のように半年後、1年後に被害が現れてきます。

 

この半年、1年の間に、日本の商魂たくましい会社は、海外から野菜や果物を輸入してくれるでしょう。

もしかすると、日本で栽培するよりも安い価格での輸入ルートを開拓してくれるかもしれません。

すると来年から、日本の野菜や果物よりも安い、海外の輸入野菜や果物が通常の流通に加わり、日本の農業を圧迫してしまうかもしれません。

そうやって、日本の農業はどんどん衰退していくのかもしれません。

 

しかしある時、その輸入先の国が、台風や、集中豪雨などの被害にあったらどうなるのでしょう。今回のオーストラリアの森林火災なども、きっとオーストラリア産の農業製品に大きな影響を及ぼすでしょう。そして日本への影響も少なくないでしょう。

何かあると、外国からの輸入品に頼り、国内の農業を疲弊させていくと、結果、外国の生産地に何かあったとき、食べるものがないことになるのではないでしょうか。

 

まずは、春の水不足による農業をどうしたらいいか、みんなで考えなくてはいけませんね。

水不足は何を生むのでしょう。

農業生産量が減ってしまい、きっと、農業製品が高騰します。

その高い農業製品を買わずに安い輸入品を買いますか?

少しでも国産のものを買う努力をしませんか。

 

それから、みんなで少しでも、自分で畑を耕して、野菜を育てたりしませんか?

すると、耕作放棄地が減り、農産品が少しづつ増えるのではないでしょうか?

水不足なのに、農家が畑を作れないのに、自分たちで作れるわけはないだろう…と言われるかもしれません。

でも、家庭菜園とかなら、水道の水や、雨どいの雨水から貯めた水で育てることができるのではないでしょうか。

そんなふうに、小さい農業が日本の農業の原点なのではないでしょうか。

アメリカのように、工業製品のように農作物を製造するのではなく、手塩にかけて、命を育む農業が日本の農業の姿なのだと私は思うのです。

コメント