自然エネルギー発電

八ヶ岳の我が家は、屋根に太陽光発電のパネルを載せています。

ただ、発電した電気は、電力会社に売電しています。

結構、晴天率の高い地域なので、発電もたくさんしてくれます。

大体、使った電気料金と同じぐらいの売電をしてくれています。

 

しかしこの太陽光発電、近所では森を切り開いて、大規模な太陽光発電所が作られたりしています。

本末転倒でしょう…自然とのかかわりを大切にしなくてはいけないから、その自然を破壊して発電所を作るというのはどうも納得がいきません。

 

では、自然エネルギーで発電する他の方法はないのでしょうか。

 

みんなが屋根の上に太陽光発電のパネルを載せるというのもいいでしょう。

しかし、雨の多いときなどは、発電できません。

 

小水力発電というのを見かけました。

日本中にある、田んぼの用水路を使って発電ができるというものです。

これはいいなと思いましたが…我が家の近くには用水路は流れていません。

また、この用水路を使うにはきっと、近隣の農家の方々の許可が必要でしょう。

 

近くに用水路がない家は、電線を長い距離を引っ張らないといけないかもしれません。

でも、みんなで話し合ったら何か解決策があるかもしれない…と思います。

 

例えば、発電機のそばにソケットがあって、そこに、各家庭が曜日や時間指定で充電に行くという風にしてもいいかもしれません。

田んぼの水は、そんな風に用水路から水を入れる時間を、それぞれが取り決めしていると聞いたことがあります。同じ方法ですね。

でもそのためには、ポータブルで持ち運びができるような充電器で、かつ、家庭に持って帰ったら、家庭用電源となるような充電器の開発が必要かもしれません。

素人の考えですから、無理なのでしょうかね。

 

我が家は、八ヶ岳の裾野ですから、吹きおろす風が強いです。

そんな風ならば、どこの家にも吹いてきます。

その風を使った発電もできたらいいな…とも思います。

 

もしかすると、その風力での発電が足りなくなる時、用水路で発電充電したもので、補う方法がいいのかもしれません。

 

ひとつの方法ではなく、いくつかの方法をうまく地域の事情に合わせて組み合わせながら、それが1つないしは2つの家庭用充電器に蓄積されて、家庭の電気をまかなうことができるようになるといいなと思います。

 

充電器も、もっと安くなるといいと思います。

そして、自分で発電した時に家庭に引き込むためのソケットがどの家にもついているようになるといいですよね。

 

最近そんな自家発電のことをよく考えます。

でも、それは大都会では無理かもしれません。

水の流れは、みんな地下に隠してしまいました。

風を受けることができるような、スペースは隣の家との間にはありません。

太陽光は辛うじて、屋根に乗せることができるかな?

でもマンションでは、あまり現実的ではないでしょうか?

でも共用部分の電灯とかになら使えますね。

 

もっともっと工夫をすれば、自然エネルギー発電は可能性があるように思います。

とはいえ、こうなると電力会社さんにとっては、仕事がなくなることですね。

でも、まず原子力発電所がなくても暮らしていけるくらいの自然エネルギー発電をみんなで目指したいですね。

コメント