仕事しています!

私は、NPO法人国際自然大学校という団体を、60歳で退職しました。

そして、山梨県の北杜市に移住しました。

そこで、畑仕事を一生懸命しています。

 

本当はそれだけではなく、まだ、いろいろと自然体験活動の振興のために頑張ってはいるのですが…

 

表向きは、そんなことは頑張らずに、畑仕事を頑張っていることにしています。

 

たまに東京で、バリバリ働いている人たちにお会いしてお話しすると、時に『まだまだ若いのだから、働きなよ。』と言われます。

そんな時は、頑張って畑仕事しているよ。と答えると、『そうじゃなくってちゃんと仕事しなよ。』と、詰め寄られるのです。

 

そんな時にふと、心配になるのです。

畑仕事はちゃんとした仕事ではないのでしょうか?

確かに、農協や道の駅に出荷するほどの沢山の野菜を育ててはいません。

しかし、私と妻が食べていくのを結構助けてくれる野菜を作っています。

今も、ホウレン草や、キャベツ、白菜などが、食卓を賑わせてくれます。

 

秋などは、結構たくさん採れたカボチャを実家に届けたり、ご近所にも配りました。

お礼に、うちで作っていないズッキーニなどをいただいたりしました。

 

こんな風に畑仕事をすることは、人間が生きていくうえで、一番大切な仕事の一つだと思います。

しかし東京の人と話をすると、畑仕事は仕事と認めてもらえないようです。

何故なんでしょう。

野菜や、コメや、お肉などは、農家の人が汗水流して育ててくれているはずなのですが、それは、仕事だと思わなくなっているのではないのでしょうか?

いいや、そんな野菜などを自家消費してしまう程度は、仕事と言えないのでしょうか?

しかし本来、人は、自分で食べるものを自分で育てて生きていくのが自然な姿だと思うのです。

それから、物々交換になり、販売するようになっていくのですよね。

私は、この物々交換こそが、今の時代にもてはやされているCtoCの正しい姿だと思っています。…まあ、CtoCはネットの世界での話題ですから、物々交換なんて論外といわれてしまいますね。

しかし、自分で食べるものを自分で汗をかいて育てるというのが大切な仕事だと思えるようにいてほしいと思います。

 

ただ、あまりストイックになるのも、行き過ぎではあるでしょう。

少しの自給自足と、少しの都会的暮らしを上手にまぜ合わせた働き方、仕事の仕方をこれからも模索していけたらいいなと思っています。

 

皆さん!私、仕事してますよ〜。

 

コメント